| Tiny Treasure | Admin |

エントリー

カテゴリー「カスタム」の検索結果は以下のとおりです。

キューポッシュ改造しました!

色々とありまして、ええいろいろとありまして

この度キューポッシュを改造することにしました!

 

ぽん!

IMG_2978.jpg

まず本体購入。キューポッシュフレンズのアンを買いました。

 

IMG_2980.jpg

箱をあけたらこんな感じ。本体とアームとスチール台と手の差分。

 

IMG_2981.jpg

頭分解。顔 前髪 後ろ髪で分かれるんですね。

このサイズ初めてなのですべてが初見ですよ!

 

IMG_2984.jpg

結構髪の毛おおきいですな!

 

で、ダイソーいろいろ買ってきます。

IMG_3028.jpg

ちゅいーんってする色々。

IMG_3034.jpg

最終的にはこの3つのヘッドしか使いませんでした。

 

何するのかというとですね、ドールアイを入れたいので

目をくりぬきますよ!

IMG_3029.jpg

いざ。

IMG_3030.jpg

あ、最初に首の固定パーツ外したほうがいいです。

私は首固定パーツ(ピンク)の後頭部側はリューターで削りました。

ちょうど、がさがさになってるところ。

器用な人はデザインナイフで切り取るそうですよ!

 

もともとの白目まで気合でけずりました。

IMG_3031.jpg

正直目の範囲をくりぬくより、内側のアイホール作るほうが大変。

気が済むまでくりぬいたら、正面から見てアイホール側に見える

肌色を耐水性インクでぬりつぶしました。つまようじで。

IMG_3033.jpg

これでも結構けずったと思うんだけどね、実はこの後

もう二回りくらい削りました。

とにかく注意しつつ慎重にでも大胆に

はめたいドールアイでサイズ確認しながら

気が済むまでアイホールを掘りました。

 

IMG_3043.jpg

で、どうしてもつけたかったのでマツゲ付けました。

ダイソーでうってるつけまつげ、この頃毛先がちゃんと細くていいですね!

 

IMG_3042.jpg

とりあえずメンディングテープで固定してます。

IMG_3046.jpg

事前にかっていたグラスアイが全然合わなかったので

パラボックスでドールアイを2個購入。

試した結果、キャンディアイを使うことになりました。

IMG_3022.jpg

ここで紙粘土登場。ダイソーのふわっと軽いネンド

IMG_3047.jpg

アイはめて 紙粘土で後頭部つくるよ!

IMG_3048.jpg

ウィッグサイズが4インチなので、頭ちいさめに作るよ!

IMG_3049.jpg

ついでにマツゲ

 

最後にウィッグ!

IMG_3021.jpg

せっかくなので使えなかったグラスアイも一緒に

ドルチェで購入

ドルチェさんめっちゃ可愛い好き

 

完成!

IMG_3291.jpg

IMG_3292.jpg

目くりぬいたりとかもう全部初めてでどきどきでしたよ

日常的にカスタムしてる人はほんとすごいなぁ

 

旅行に連れ歩く予定ですよ!

 

購入サイト・購入店

コトブキヤ・・・本体 

ドルチェ・・・・ドールウィッグ

パラボックス・・ドールアイ

ダイソー・・・・リューター、紙粘土、つけまつげ

それ以外は家にあったもの

 

初アイチェンジ!

076-11-29-umi.jpg
今回から携帯のカメラに移行です。
うちのデジカメは接写しか得意じゃないようで…

オークションでこのグラスアイを見つけて
どうしてもしたくなっちゃったので
アイ交換しちゃいました。

077-11-29-umi.jpg
アイはずしに用意したもの
天すみにて
タミヤカラーエナメル塗料専用溶剤 X-20
一番ちいさいので157円也

ダイ○ーにて
片方先がほそい綿棒
まゆ毛抜き(→は使用後写真なので捨てちゃってましt…げふん)
精密機械用マイナスドライバー
ドライバーズ手袋

078-11-29-umi.jpg
はずす前写真を撮り忘れたので外した後写真を横におきつつ

X-20を綿棒につけて、MSDの顔を上にむけて
下から覗き込みてらしつつ、溶剤をぽちぽちグルーに塗りこみました。
だってほらたれたら怖いじゃないですか。

先のほそいドライバーでつついて削れるくらいグルーが緩くなったら
縦に一部切り込んで、切り込んだところから横に押し込んで
隙間をうかせて、毛抜きで引っ張る。
抜けにくい毛を抜くときの要領で、がっちり挟んで軽くゆらしていくと
案外はがれそうな気がしたら、70%ぐらいは当たった感じ。
それでも浮かないところはドライバーを押し込んだり
ドライバーで削ったりして、毛抜きがつらくなったら
手袋外して指で抓んで引きちぎる。

一寸はがしたらアイを目側から押して落として
残りもはがして、たぶん両目で1時間くらい?かな?
時計見てなかったので一寸不明
店長さんは初めては片目1時間と仰ってました。
私思い切り良すぎでしょうかね……

079-11-29-umi.jpg
顔だけでも目がなくってもかわいいです
(おやばか)

順調に外せたみたいに書いてますが
手元が滑って綿棒が転がったり
マイナスドライバーがあらぬ方向に滑ったり
グルーが硬くてひきちぎれなかったりしてました。

いやもうほんと 無事でよかった
てっきり16mmがはまってると思ってたのだけど
アイ落とす前に確認したら18mmだったので
19mmのアイでも削ったりしないではめられてとても安心。
ぶっちゃけてしまうと20mmでもはまりそうな感じだけど
もしやったらきっと瞳しかなくなるだろうな、と(笑)
今でも十分瞳しかないわけで。

080-11-29-umi.jpg
アイを入れる前に睫をたしました。

用意したもの
ボークスのSD-27cmドルフィー専用つけまつげ
パールホワイト 下まつげ付き。
ダイ○ーピンセット
M3多目的用協力接着剤

片目分を半分にきると、ちょうど9番ヘッドの両目分。
長さも上々。
←写真ですでに睫のない上分片方を使いました。

下まつげはつけようとして失敗したので諦めて
もともとの明るい茶色の睫の下に重ねてはって

081-11-29-umi.jpg
内側に貼っているので元の粘着を先に落とします。
適当な下敷きの上にはって、睫上部に綿棒でX-20を塗って
少しおいてから浮いてくる粘着分を指とウェットティッシュで
こそぎ落とし、水洗いして、もう一度ウェットティッシュでふいて
これで半分くらいはおちたので、OKとして。
別の下敷きの上において、ボンド塗って、
ヘッドの内側のところにもボンドぬって、少し置いてから
元の睫に重ねて下から貼って、すこし押さえて
作業完了。

もっさもさです。写真はもう目入りです(笑)
睫二倍は可愛すぎです。

082-11-29-umi.jpg
で、これが外したグラスアイ。
造形村グラスアイのレッドです。
このアイはこのアイで大好きなのでずっと手元におくのです。
これを基準にアイを選んでしまうだろうから
生半可なアイは買わないだろうなぁと思うと
いろんな意味で安心。

でもグラスアイが一番オークションみてて
楽しかったりするわけで……ええ。

083-11-29-umi.jpg
グラスアイ装着に用意したもの
ピンク色の瞳パテ
 練り消しが優秀らしいんですが、練り消しは小学生時代に
 冬にストーブで焼いた人がいて、その匂いで倒れた記憶があって
 個人的に使えないのでした。
 で、天すみ店長さえも使いにくいと言い切った瞳パテ購入。

オークションでおとしたグラスアイ
 濃いピンクの瞳孔と虹彩が物凄くかわいくてかわいくて
 もうコレしかないと思って(笑)

瞳パテは手の中でぐにぐにと粘土のように捏ねながら
猫と遊んだりしつつ、ちょっとやわこくなったら
適当な板の上で、粘土の花びら作る要領で押しつぶし
引き伸ばしたのを目の下と横にはりつけて、
その上にアイをのせて位置をきめて。

どうも微妙に斜視りますがまあ、おいおい。
すぐ外せるし。

追視がすごくて吃驚

084-11-29-umi.jpg
目を変えたら
フルチョのウィッグが似合わない!!

丁度頼んでたウィッグが到着したので
かぶせてみたらサイドがぷかぷかしたから
お湯パーマ。現在絶賛乾かし中。

どうも私髪のボリュームは多すぎないほうが好きな様子。
ワッフル勿体無いけどストレートにしちゃおうかなー
うねうねしてきてるしなぁ。

ウィッグ台の元は
壊しちゃったダイ○ーのバナナスタンド。
丸い木のとこに布をまいてビニールかけて
ガムテープでとめて、なんとなくサイズあわせて
ウィッグかぶせて。

お湯はポットのお湯を一度コップにうつして、
それからもう一度注ぎやすい入れ物に移して、
理論上これで80度未満になるので。
(保温90度→コップで85度→もう一度うつして80度)

おさまるといいなぁ。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

検索

エントリー検索フォーム
キーワード